体験ダイビング  

水中フォトグラファー(デジタル)

コンパクトタイプのデジタル・カメラの性能を引き出しつつ、水中での撮影のテクニックを身につけ 写真の楽しさを学ぶコースです。

 

 

受講資格:
PADIオープン・ウォーター・ダイバー 以上 または PADIジュニア・オープン・ウォーター・ダイバー(年齢10歳)以上

 

講習内容:
学科+海洋実習2ダイブ
レベル1は学科+海洋実習1ダイブ

 

コース習得後:
デジタル・カメラを使用した失敗のない撮影技術、メンテナンスがマスターできる。
水中バランスなどスキルが向上する。
水中環境をよく知る技術が身につく。
生物を観察する洞察力が磨かれる 。
撮影した写真データを効果的に取り込み、バックアップ、印刷できる。

 

 

デジタル・カメラで水中撮影!!

 

ダイビングスキルが向上して、水中を楽しむ余裕がでてきたら、次は自分の目で見た美しい世界、そして瞬間の感動を記録として残したくなるのが心情。
トロピカルな魚と一緒に泳ぐ姿。同じ楽しみを共有したバディとの思い出、迫力ある大物との遭遇シーン、水中写真はそんな感動の記録はもちろん、肉眼では気づかなかったマクロな世界をも写しとってくれます。

現在では陸上でも水中でも、デジタル・カメラ(デジカメ)が広く一般的となりました。 最初のダイブでは、難しいことは抜き!デジカメの準備をして、色調整をして写真を撮影するコツをインストラクターに教わりましょう。ここまででデジタル・アンダーウォーター・フォトグラファー・レベル1の認定を受けられます。(ダイブ1はプールで行ってもOKです)
ダイブ2では、さらに魅力的な写真の撮り方が身に付きます。撮影後、パソコンへのデータの取り込み方法や編集ソフトを使用した簡単な加工方法までも身につけられるのです。
今まで難しいと感じてデジカメのAUTO機能しか使っていなかったあなた!!このコースに参加した後は、環境に応じた素早い調整が出来るようになり構図を考えたしゃれた写真がたくさん撮れる方ことは間違いありません。ぜひお近くのPADIショップへ足を運びましょう。

★豆知識★被写体に集中するにはカメラを持った浮力調整は欠かせません。 事前にプールまたは限定水域でカメラを持ちファインダーやモニターを見ながら浮力調整をする練習をしておくと、デジカメのトレーニング・ダイブで被写体に集中できますよ。

 

 

 

 

その他のスペシャルティー

★A.W.A.R.E FISH I.D.
(アウェアーフィッシュID)

 

★BOAT DIVER
(ボートダイバー)

 

★DEEP DIVER
(ディープダイバー)

 

★DRIFT DIVER
(ドリフトダイバー)

 

★ENRICHED AIR DIVER
(エンリッチドエアーダイバーNITROX)

 

★EQUIPMENT SPECIALIST
(器材スペシャリスト)

 

★PEAK PERFORMANCE BUOYANCY
(ピークパフォーマンスボヤンシー)

★PROJECT AWARE
(プロジェクトアウェアー)

 

★SEARCH & RECOVERY DIVER
(サーチ&リカバリー)

 

★UNDERWATER NATURALIST
(水中ナチュラリスト)

 

★UNDERWATER NAVIGATOR
(水中ナビゲーション)

 

★UNDERWATER PHOTOGRAPER
(水中写真ダイバー)

 

★WRECK DIVER
(レックダイバー)

お問い合わせ