ブランクダイバーのあなたへ

 

ブランクが空いてしまった皆さんも、講習で行った練習を思い出し楽しく安心、安全なファンダイビングをしましょう。*前回のダイビングから1年間以上間のブランクがある場合は、いきなり海で潜る前に、ビーチなどの浅場でスキルを思い出すためのリフレッシュダビングコース(復習コース)をおすすめします。

PADI オープンウォーター・ダイバーコースで取得したスキルは、実際のダイビングの場面で組み合わせて使ったり、いざというときに必要なスキルばかりです。講習で身につけたスキルをダイビングの場面に活かせてこそ、より安全で楽しいものに変わって行くのです。スクーバ・ダイビングは自然を相手にする活動ですから、それなりの危険性も無いとはいえません。しかし、コースで練習するスキルと正しい知識をきちんと身につけて必要な場面でそのスキルを行なうことで危険は簡単に回避できるのです。

 

あなたの「スキル習得度」はどのくらいですか? PADI オープン・ウォーター・ダイバーとしてのスキルを今でも忘れずに実施できるかどうか コースで学んだことを思い出して、簡単な自己 チェックをしてみましょう!

 

 

 

 

まずはダイビング器材の準備から。器材の組み立てや装着、バディ同士でのチェック(バディチェック)、エントリーの仕方などについて、以下のことができますか?
PADI OWD コースで覚えたスキルを自己チェックしてみましょう。

適正ウエイトの調整はできますか?
2器材のセッティング、装着と調整は問題なくできますか?
3プレダイブ・セーフティ・チェックは問題なくできますか?
4その環境に合わせた適切な方法でエントリーできますか?

ウエイトは大事な要素、ただの重りではありません。
「適正なウエイト量の調整 はできますか?」
適正なウエイト量は、中性浮力をとるために必須です。軽すぎればなかなか水中に潜っていくことができず、逆に重すぎると水中ではBCD に余計なエアを入れたり、水面では浮力確保に影響がでたりします。適正なウエイト量は海水や淡水、使うスーツやタンクの種類などによって変わります。インストラクターからのアドバイスやログブックを見て過去のダイビング情報も参考にしてください。適正なウエイト量にすることは水中での中性浮力をとりやすく生物にも優しいダイバーになれるのでとても重要な要素なのです。

 

ウエイトベルトを腰に巻く際は、必ずバックルと反対側のベルトを持って下さいね。バックル側を持ってしまうと、逆側からウエイトが落ちてきてしまいますので注意してください。 また、バックルは自分の左腰にくるように取り付け右手で簡単にリリース出来るようにしましょう!! アメリカでは重さはポンド(lbs)という単位を使用します。 1lbs=0.456kgです。

水面でBCD の空気を抜いて息を止めた状態で水面の位置が目にくればウエイト量は適正です。

 

鉛のウエイトを直接ベルトに通すタイプ、ベルトの袋に入れるタイプなどウエイトもさまざま。

 

スムースにできると「慣れているダイバー」。
「器材のセッティング、装着と調整は問題なくできますか?」
器材をセッティングしてチェックし、バディ同士で着せ合い、体に合うように各ストラップ類を調整します。レンタル器材を使う方はメーカーによって調整の仕方が異なる場合がありますので、組み立ての段階でストラップ類の調整方法なども確認しておく必要があります。慣れているダイバーかそうでないか、この器材の組み立てとチェックでもわかってしまいます。スムースにできるようになるためには経験です。正確な組み立てと調整は、器材のトラブルを最小限にします。

 

器材セッティングは「オープンウォーター以来で忘れてしまった!」と言う方もたくさんいます。 そんな時は、担当インストラクターと一緒に組み立ててみてください。きっとすぐに思い出すはずです!!レンタル器材など、器材は種類により特徴は様々、扱い方もしっかりとブリーフィングの時にきいて上手く扱えるようになりましょう。

ダイビングを始めてから異常に気付いたら水中で対処しなければなりません。器材に違和感があるままだと楽しいダイビングができません。
セッティングとチェックはしっかりと。

 

バディと協力すれば重たい器材も楽々装着。

 

自分はOK、でもバディは大丈夫?
「プレダイブ・セーフティ・チェックは問題なくできますか?」
水中で万一エア切れという事態になったときは、バディのバックアップ空気源(オクトパス)を使うことになります。ですので、バディがどんなバックアップ空気源を使っているのか、どこにつけているのかなどもきちんとチェックしておきます。
PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースで習った「BWRAF」* の順番で行なうことで、チェックのし忘れもなくなります。
* BWRAF = Begin(BCDのチェック)、With(ウエイトのチェック)、Review(リリース類のチェック)、And(空気(Air)のチェック)、Friend(最終(Final)OK)

 

まずは、タンクのバルブが開いているのをしっかりと確認し、レギュレーターから呼吸が出来るのを確認しましょう。バルブが閉まっていても3呼吸ぐらいは出来るので、ゲージを見ながら呼吸をしてゲージの針が動かないことを確認します。器材を背負ったら、バックル類がしっかりと止まっていることを確認しましょう!! オクトパス、残圧計は、垂れ下げたままにせず、アゴと左右のウエストを結ぶ△のラインの中に入るようにします。 必要な時に見えるところにあると安心です。 また、垂れ下げたままだと、どこかに引っかかってしまったりするトラブルの原因になってしまいます。  そして、器材装着で1番多い忘れ物はウエイトです。 器材を背負う前にウエイト装着を忘れないようにしましょう!!


バディのバックアップ空気源(オクトパス)は万一のときにはあなたが使うものです。
どんなタイプのものをつけているのか、どこに装着しているのか、どうやって使うのかも含めて、バディの器材をよくチェックしましょう。

 

その環境に適したエントリー方法でいよいよ大海原へ!
「環境に合わせた適切な方法でエントリーできますか?」
さあ、いよいよ海に入ります。エントリーには浅瀬から歩いて水に入る方法と、足のつかない深場へ直接入る方法があり、深場へのエントリーはボートを使ったダイビングなどでよく使います。エントリーする環境に合わせて適切な方法を使います。足からにせよ、背中からにせよ、基本的な方法が身に付いていれば、エントリーした瞬間にマスクが外れたり、器材を破損したりすることを防ぐことができます。

 

ハワイでは主に階段を使って海にエントリー、又は上の写真のようなジャイアントストライドエントリーの方法を使います。 ジャイアントストライドエントリーを、経験したことがない方や忘れてしまった方は、お気軽に担当インストラクターにお尋ねください。やり方は簡単です。 右手でマスクとレギュレーターを手のひらで押さえ、左手でマスクの後ろのストラップを押さえ、水平線を見たまま、足を1歩前に大きく踏み出すだけです。 水平線をむかないと、顔から水面に落ちてしまうかもしれないため、水平線を見るのを忘れないようにしましょう。 エントリー時水面にダイバーがいないこともしっかり確認してください。 百聞は一見にしかず!簡単です。

ダイビングするポイントに適した方法で安全にエントリーします。

 

ジャイアントストライドエントリー