ハワイの海で出会える生き物

 

ハワイの海に生息している生物をご紹介致します。
ダイビングをもっと楽しむために様々な水中生物を知っておきましょう。
色とりどりの熱帯魚から、かわいいウミガメ、水中の世界をお楽しみ下さい。

 

アオヤガラ
成長すると150cmになるものもいる。興奮すると体の色が変わる。

アカヒメジ
黄色い尾ひれが特徴。群れで泳いでいることが多い。
死ぬと体が赤くなることから、アカヒメジと呼ばれる。

アカマツカサ
昼間は岩の下や、洞窟の中に隠れて群れて生息しているが、夜間になると餌を求めて活発に動き回る。

イッテンコユチョウウオ
潮通しのよいサンゴ礁域を中心に生息するチョウチョウウオで、体側の黒斑が特徴。英名でも「ティアードロップ」(涙のしずく)と呼ばれる。

インペリアルウミウシ
リスベキア・インペリアルと呼ばれるウミウシ。白い体に黄色と黒の模様が特徴。2体がくっついていることが多い。

オオモンカエルアンコウ
幼魚のころは小さく綺麗な色をしているが、大人になると30cmにもなり、身体にいぼいぼがでてきたりする。周りの環境に合わせ擬態するのが得意。

オトヒメエビ
サンゴ礁の岩陰などに生息する色鮮やかな小型のエビ、ウツボなどの大賀が魚のクリーンングをすることもある。

オニカサゴ
サンゴ礁や岩礁などに生息し、周りの景色と擬態している。背中の背ビレに毒の棘があるので、触らないように注意が必要。

カスミアジ
大きさは通常70cmから80cmの大型のアジ、成魚になると、身体に小黒点が散在する。色鮮やかな体がダイバーの目を惹く。

カスミチョウチョウウオ
海中に浮遊する細かいプランクトンを器用に食べる珍しいチョウチョウウオ。ハワイでは沈船などに、群れを作って暮らしている。

キイロハギ
名前の通り体全体が黄色いハギ。綺麗な黄色は海の中でもとても目立つ。観賞魚としても人気。

クモウツボ
体の色は白と黄色がベースで、茶色と黒色の帯が特徴的。観賞用としても人気がある。

クロハコフグ
オスとメスで体の色が異なる。オスは色鮮やかな青色で、背中は白い斑点、身体側は黄色い斑点と一際目立つハコフグ。

クロモンガラ
黒い体に背ビレや尾びれが白いのが特徴。群れをつくらず、単独で行動する。

ゴールドリングサージョンフィッシュ
カメの甲羅をクリーニングするのが得意な魚。
目の周りのオレンジ色が特徴。

ゴマウツボ
ウツボの中では大型で、全長1mにもなる。
体全体に小さな点状の斑紋があるのが特徴。

サザナミフグ
特徴は、お腹にあるさざ波のような白い模様で、他のフグと簡単に見分けることができる。大きいものでは全長50cmになるものもいる。

サドルラス
ハワイ固有種の魚、ベラの仲間でハワイの海ではよく目にする。青い頭と赤い胸が特徴。

シテンチョウチョウウオ
体の上半分が黒く、そこに白く目立つ斑紋があるのが特徴。単独またはペアで行動することがほとんど。

シマハギ
白い体に黒い横線が5本から6本あるのが特徴。
成魚はよく 大きな群れをつくる。

ゼブラウツボ
名前の通りシマシマ模様のウツボ。他のウツボよりも海の中を泳ぎまわることが多い。

タイマイ
絶滅危惧種で、滅多に見ることのできないウミガメであり、ギザギザの甲羅と、尖った口が特徴。

タスキモンガラ
ハワイ州魚に指定されている魚。ハワイ語でfumufumu nukunuku apua’aという名前で、最も名前の長い魚として知られている。

タテヒダイボウミウシ
イボウミウシの中では大型ですぐに見つけることが出来る。水色の模様に黄色いイボイボが特徴。

チョウハン
英名ではRaccoon butterflyfish(Raccoon = アライグマ)とよばれ、目の周りがアライグマのように黒い。単独、ペア、小さな群れで行動する。

ツノダシ
映画『ファインディング・ニモ』のニモの仲間ギルとして登場した色鮮やかな魚。
上部に伸びた長い背びれが特徴。

ツユベラ
成魚と幼魚では体色がまったく異なる。成魚は色鮮やかな体の色に、黄色い尾ヒレが特徴。幼魚はオレンジ色と白色の模様で、可愛らしい姿をしている。

トゲチョウチョウウオ
背びれの後端がとげのように伸びているのが特徴。似た模様のチョウチョウウオもいるが、背ビレ後端にある黒い斑点で見分けることが可能。

ナミウツボ
成長すると全長1mにもなる。
どうもうな性格で近づくと威嚇をしてくるので注意が必要。

ネズミフグ
愛嬌のあるかわいい顔をしているが、肉食で甲殻類やウニなどを捕食する。大型種で、全長90cmを超える。

ハダカハオコゼ
色彩変異が多く、白色、赤色、茶褐色など様々である。
外敵が近づくと、わざとゆらゆら揺らいで海藻の真似をする。

ハナグロチョウチョウウオ
鼻のあたりが黒いのが特徴。とてもきれいな魚で、ペアで泳いでいることが多い。

ハナビラウツボ
白い斑点の体と、口の中が白いのが特徴。サンゴや岩の間に隠れている。

ハワイアングリーンシータートル
ハワイの海の人気者、そしてハワイでは(Honu)と呼ばれ守り神とされている。

ハワイアンサージェント
オヤビッチャにとても似ているが、模様が薄いのが特徴。ハワイ固有種の魚。

ハワイアンスティングレイ
ハワイ固有種のエイ。全長はとても大きく水底を泳いでいる姿は圧巻される。

ハワイアンダッシラス
ハワイ固有種の魚、幼魚のころは体のほとんどが黒いが、大人になると白く変色していく。

ハワイアンホワイトスポッテッドトビー
ハワイ固有種の魚、とても小さい魚で、名前の通り体全体に白い点々があるのが特徴。

ハワイアンモンクシール
絶滅危惧種に指定されているハワイ固有のアザラシ、かわいい顔をしているが警戒心が強い。滅多にお目にかかることの出来ないので、出逢えたあなたは超ラッキー。

フエヤッコダイ
長く突き出た吻が特徴。チョウチョウウオの仲間の中では非常に広い生息域をもつ。

ブルーストライプバタフライフィッシュ
ハワイ固有種の魚。名前のとおり身体に青のストライプ柄が特徴。1匹で泳いでいることが多い。

ヘラヤガラ
体は細長く、50cmになるものもいる。基本は体の色は褐色だが、黄色一色になる場合もある。

ホシゴンベ
名前の通り顔に星がたくさんあるゴンベの仲間。枝上サンゴなどの上の見晴らしのいい場所にとまっていることが多い。

ホワイトチップリーフシャーク
昼間は岩の下などに身を潜め、夜になるとプランクトンを捕食するために活動する。
背びれ、尾ひれの先が白いのが特徴。

マダラトビエイ
体の斑点模様が特徴。海を飛ぶように泳ぐ姿はダイバーに人気がある。警戒心が強い為近づくとすぐに逃げてしまう。

マルチバンドバタフライフィッシュ
ハワイ固有種の魚で、サンゴや岩場で良く目にする。ペアで泳いでいることが多い。

ミレットシードバタフライフィッシュ
ハワイ固有種の魚で、レモン色も体に黒い点が線状に並んでいるのが特徴。
その体の色から通称レモンバタフライとも呼ばれる。

ムスメハギ
目の後ろの黄色い三日月型の模様が特徴。幼魚は観賞魚、成魚は食用にされることもある。

ムレハタタテダイ
ハワイでは沈船に群れを成して生息していることが多い。沈船に集まるムレハタタテダイの群れは、とても幻想的で心を癒してくれる。

メガネゴンベ
名前のとおり、目の周りの模様が眼鏡に見えるもが特徴。枝珊瑚にくっついていることが多い。観賞用としても人気。

モンダルマガレイ
ハワイではマジックアイランドのラグーンの中で目にすることがある。擬態しているときは、水底の色に合わせて体色を変化させる。

モンツキアカヒメジ
アカヒメジと似ているが、見分け方は色が薄いのよ、名前のとおり、体側に黒い模様がある。

モンツキハギ
幼魚のころは体全体が鮮やかな黄色だが、成長すると体の前が焦げ茶色,体の後ろがうす茶色で胸鰭の上方に朱色の班紋が出る。

ヨスジフエダイ
体の4本のラインが特徴。ハワイでは沈没船を住みかに良く群れで行動している。

ワカウツボ
ウツボの仲間では成魚で60cmくらいにしかならない小型種。白い体に無数の斑紋があるものと、黒地に白いまだら模様の個体も見られる。