エンリッチドエアーダイビング

 

通常のスクーバタンクの中は約21%の酸素・79%の窒素の空気が圧縮され充填されています。ナイトロックス(エンリッチドエアー)は通常の空気に比べ酸素率が高く窒素率が低い混合ガスになります。  窒素が少ないため、ダイビング中に蓄積される窒素負荷を軽減してくれます。

「ナイトロックスとエンリッチドエアー」
ナイトロックスは「酸素」と「窒素」の混合気体の事を指します。窒素(Nitrogen)、酸素(Oxygen)の文字の一部をとってナイトロックス(NITROX)と呼んでいます。 つまり理論的には酸素濃度が通常の空気より低くてもナイトロックスです。 一方、エンリッチドエアーは通常の空気より酸素濃度の高い混合気体の事を指します。

 

「目印は黄色と緑のステッカー」
世界でみるとPADIでのスペシャリティーコースで「NO.1」にもなっているほど大人気の「エンリッチド・エア・ダイビング」!目印は黄色と緑の帯に書いてあるステッカーです。
 
「EANx32、記号の意味は?」
EANx32という記号を見ることがあります。
これは「酸素濃度32%のエンリッチドエアー」ということを意味します。エンリッチドエアーの酸素の割合は22~40%迄です。

これからどんどん利用したい人の
★エンリッチドエアースペシャルティーコース


エンリッチドエアーSPを取得すると、ダイビングを安全に長い時間楽しむことができます。  Green Dolphinで開催するエンリッチドエアーSP講習では、PADIの基準を満たす内容だけでなく、様々な知識を身につけて頂くことができます。今世界でも人気の高いエンリッチドエアーを使用し、透き通るハワイの海を心行くまで堪能しましょう!!

 

 

もっと詳しく見る

 

 

とにかく試してみたい人の
★エンリッチドエアーお試しコース


「エンリッチド・エアでダイビングをしてみたい! 
興味があるのでちょっと試してみたい。」と言う方へご提供するコースです。基本は1ダイブのみのご利用となります。2ダイブ以上でご利用の場合は『PADIエンリッチド・エア・ダイバー・スペシャルティコース」(上記)の取得が必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

料金:ファンダイビングの料金に+$25
   (エンリッチドエアー1ダイブ)
参加条件:オープン・ウォーター・ダイバー以上

 

*このコースをご希望の方は、お申し込みの際ファンダイビングを選択し、備考欄にエンリッチ希望とご記入下さい。

 


 

 

 

 

酸素濃度を高めることによって、窒素濃度が低くなります。その影響として、体に溶け込む窒素量の低下により減圧不要限界時間が長くなり、水中で安全にダイビングを楽しめる時間が長くなります。ゆっくりと魚の観察やカメラの撮影に時間を使うことができ、沈船や地形の景観をゆっくりと楽しむことができます。下の表は通常の空気とエンリッチドエアーを使用したときの最大潜水時間を表したものです。

 

 

 

 

▼ 潜れる時間がこんなに違います!!▼

 

◀これは水深23mでEnriched Air 32%と普通のTANKを比べた時の残りの現在不要限界の数字です。
上部がEnriched Air 32%。下部が普通のTANKです。
EANx32使用のコンピューターは残り36分と表示されていますね。下部の普通のTANKでは残り23分と表示されています。

 

 

 

 

 

ダイビング後の疲労感や脱力感が軽減され、アフターダイビングの時間もハワイでショッピングや他のアクティビティーを気持ちよく楽しんで頂くことができます。

 

 

 

 

 

ダイビング中や後に、頭痛を起こす原因は呼吸方法にあります。連続して呼吸せずにいったん止めて,吐いてをしていると体内の二酸化炭素レベルがあがり、酸素欠乏症になり頭痛を併発します。エンリッチドエアーの場合、通常より濃い酸素が含まれているため、酸素欠乏症を防止することも可能になってきます。

 

 

 

 

 

その他に減圧不要限界の飛躍的な伸びや減圧症、窒素酔いの軽減など、濃縮された酸素を使うことによって得られるメリットは様々です。「普段より疲れない!」「ものがはっきり見える!」「寒さを感じない!」「呼吸が楽!」等のメリットもあります。

 

*各症状や酸素の伸びなどには、個人差がございます。

 

 

 

酸素中毒を起こす可能性がある。
エンリッチドエアーは酸素濃度が通常の空気より高いため、一定の条件を満たすと酸素中毒をおこす可能性があります。そのため、エンリッチドエアーを使用しダイビングを行う場合は、酸素分圧(深度)と酸素露出量(時間)に注意を払わなければならなりません。

 

潜れる深度が若干浅くなる。
EANx32%エンリッチド・エアーで最大深度30m以内(許容範囲)
EANx36%エンリッチド・エアーで最大深度28m以内(許容範囲)


エンリッチド・エアー対応のダイブコンピューターが必要になる。
現在販売されているダイブコンピューターはほぼすべてがエンリッチドエアーに対応しています。
使い方やスキルはスペシャリティー講習で学びます。

 

 

 

左の写真はOxygen Analyzer(酸素計測器)といい、TANK内の酸素濃度を計測する機械です。使用前には必ずこの計測器を使用して酸素濃度を計り、深度を決定します。